2013年7月 のアーカイブ

比較サイトがやたら多いゾ

2013年7月1日 月曜日

「学生ローン」でググるとやたらと比較サイトが出てきますけど、これって何なのでしょうか?
これはアフィリエイトといって、自分のホームページに広告を貼って、そこからアクセスされると広告収入が得られるものですが、それにしてもやたらと多いですね。
他にもアフィリエイトの対象となる業種や商品はたくさんありますが、やはり儲かる系として有名なのはキャッシング比較やFX・レンタルサーバー・保険などがあります。
これらはSEOに詳しい人なら当然知っているビッグキーワードですが、こういったキーワードで上位表示させる事は、現在ではほぼ不可能です。
今、Googleの検索結果を占領しようとしている比較サイトは、ほとんどがページランクの高い中古ドメインを購入し、自演サイトを作ってオーソリティの高いリンク元を確保しています。
中古ドメインは自分でも取ろうと思えば取れますが、かなり難しいので、結局業者から買う人が多いと思います。
ただ、業者から買うとなると相当な金額になります。
ページランク5の相場が6万円~9万円、ページランク6となると10~13万円くらいはします。
普通に買えば1年間で950円のドメインがこんな高額な金額で取引されるのですから、相当の威力は発揮するのでしょうね。
しかし、個人で買うとなるとドメイン1本に6万も10万もかけていられませんよね。
それに、最近のGoogleの性能は凄まじいですから、捕獲されるリスクもあります。
一度ペナると抜け出すのは相当困難を極めます。
比較サイトが検索結果を荒らしまくる現状はしばらく続くと思いますが、Googleの進歩を考えるとそう長くは続かないでしょう。
 
誤解されるといけないので念のため付け加えますが、比較サイトを非難しているわけではありません。
検索結果の占領や、どれを見ても同じものばかり表示されるのがよくないと言っているのです。
比較内容が公平・かつ、見やすく、ユーザーにとって使いやすいものなら何も文句は言いませんが、見る感じそういったクオリティの高いサイトは少ないように思います。
自分は人の事を言えるようなサイトは作れませんが、少なくとも検索結果を占領しようという気は、毛頭ありません。
そもそも日本では表現の自由が保証されていますから、どんなゴミサイトを立ち上げようがその人の自由です。
ただ、そういったサイトを上位表示させ、メジャーデビューさせてしまって良いものかどうか、この辺りをよく考えた方が良いのかなと思います。